« 「砂上の同盟」 米軍再編が明かすウソ | トップページ | 今月のカレンダー »

第二次再審を求める署名活動 12月19日

091219  昨日、12月19日、寒風吹きすさぶJR元町駅前で、星野文昭さんの無実を訴え、再審・即時釈放を求める署名活動を行いました。

 4人で1時間、署名は21筆でしたが、厳しい寒さの中としてはまずまずかなと・・・。

 署名の間、少ない人数でしたが、マイクを持ち、星野文昭さんの1971年11月14日の闘いを訴えました。そして、この間の鳩山民主党政権による普天間移設問題、辺野古新基地建設問題のジグザグを訴え、同政権が発足当初から「日米同盟強化」を柱としていることを批判しました。11月8日の2万1千人の県民集会(右写真)が示すように、沖縄県民の想いは「基地撤去」です。09118 星野文昭さんが、無実であるにもかかわらず、獄中35年の弾圧を受けながらも、獄中から沖縄の人々に連帯し「基地撤去」の叫びを上げ続けておられることを訴えました。この星野さんの闘いに学び、今こそ、ヤマト(本土)の私たちは、鳩山政権のジグザグを許さず、まず普天間基地の国外移設を、沖縄の人々とともに実現しようと訴えました。

 次回の署名活動は、1月23日(土)午後2時~3時、JR元町駅前で行います。

|

« 「砂上の同盟」 米軍再編が明かすウソ | トップページ | 今月のカレンダー »

署名活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「砂上の同盟」 米軍再編が明かすウソ | トップページ | 今月のカレンダー »